ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

総社企業ガイド

総社地区企業ガイドブック製造業~ワタナベ工業グループは未来へのチャレンジャー~所在地等〒719-1175総社市清音上中島2番地TEL(0866)94-9500FAX(0866)93-8200会社概要■事業内容■創業設立■代表者■資本金■従業員数■U R Lプラスチック素材の成型加工、不織布の製造販売、家庭用電気製品の製造販売家庭用品及びインテリア商品の製造販売昭和31年10月18日代表取締役社長渡辺祐三4,000万円179人(男98名・女81名)http://www.watanabe-ind.co.jp/会社の特色プラスチック黎明期に押出し成型技術による家庭用品からスタートした私たちワタナベ工業は、射出成型、そして不織布分野へと時代と共に変化し、革新し続けてきました。時代は移り、益々、プラスチックは暮らしに不可欠な商品としての地位を高めると共に、IT化の中で高機能化、複合化などにより可能性は大きな拡がりを見せています。私たちワタナベ工業は、従来の技術に加え、新技術への挑戦と共に、もっと便利な、もっと素敵な暮らしとなるような、そして人類の未来に向けての革新を求めて進化し続けます。休日・福利厚生●勤務時間8:30~17:30●休日土日祝日等カレンダー方式による(年間108日)●休暇有給、夏期、年末年始、慶弔●社会保険その他の制度社会保険・厚生年金・雇用保険・労災保険●福利厚生社宅、独身寮、共済会制度先輩から一言先輩から一言入社以来、人工芝の製造を担当しています。具体的には製造機械の運用チェックをしながら、製品の搬出を行うのが僕のおもな仕事です。人工芝製品は毛の長さがコンマ数ミリ製造部不織布製造課の世界で揃えられていますが、その調節赤澤孝太郎は本当に難しいんです。糸のテンションひとつ違っても製品は変わってきますし、いくつもの要素が組み合わされるセッティングは感覚的な部分もたくさんあって、奥が深いと感じています。数年かけて技術を身につけたいです。やってみてわかったのですが、現場は楽しいです。だから、ここを極めることにやりがいを感じながら頑張っています。所属する敷物課は、中国の合弁会社に指示をして、い草製品を製造してもらっている部署です。現地のとの折衝や貿易業務もあります。製品の開発や製造指示も行ってお営業部敷物課り、本当に仕事の幅が広い仕事です。北里彰成私の担当は、製品の積み下ろしや、出荷の段取りなど。まだまだ業務の一部です。だから、入社して以来ずっと、働きながら勉強という日々を送っています。中国に出張することも多い職場ですから、ひとつは中国語の勉強。おかけで、少しはしゃべれるようになってきました。もうひとつは、い草。織りや素材によって品質の差がでるのですが、そういう目利きができるよう、学んでいます。そうやって力をつけて、早く現地との折衝を任せてもらえるようになりたいです。52